近畿大学  呼吸器・
アレルギー内科学教室

ABOUT

MOBILE QR CODE

携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

ご挨拶

ご挨拶

2021年4月1日付けで近畿大学医学部 呼吸器・アレルギー内科学教室の主任教授を拝命しました。前任地の京都大学では、主に喘息・慢性咳嗽、COPD(慢性閉塞性肺疾患)や気管支拡張症などの気道系の呼吸器疾患を専門に診療・研究に従事して参りました。この度、中島重徳名誉教授、現病院長の東田有智教授が築かれた歴史ある教室の主宰を仰せつかり、大変光栄に思いますとともに、重責に身の引き締まる思いです。もとより微力ではありますが、診療・教育・研究に専心努力してまいる所存ですので、ご指導、ご鞭撻を賜りますようお願いいたします。
  大学病院での呼吸器診療は重症喘息・COPD、気管支拡張症、呼吸器感染症、間質性肺疾患、急性・慢性の呼吸不全など多様で難治の疾患の診療が求められます。気道・肺は直接外界に接するためアレルギー・免疫異常を生じやすい臓器でもあります。私たちはこれら多岐にわたる疾患・病態に適切に対応すべく、日々専門性を高めるとともに総合診療力を培い、他部門との連携で近畿大学病院one teamとして南大阪・近畿圏の呼吸器・アレルギー内科診療に貢献したいと考えています。また地域の医療機関との病病連携、病診連携を推進し、予防医療にもつとめ地域医療全体の向上を目指しますので、今後とも何卒宜しくお願いいたします。

近畿大学医学部呼吸器・アレルギー内科学教室 主任教授 松本久子

若手医師へのメッセージ

呼吸器・アレルギー内科疾患は多岐にわたり、生命維持に関わる“呼吸”に直結した知識と経験が必要ですが、それだけに呼吸器・アレルギー内科医はspecialistかつgeneralistとして活躍の場が広く、常に必要とされる存在です。何より、息苦しく動けなかった患者さんが、元気に歩いて帰られる時の感慨はひとしおです。私たちは、いろいろな場で、呼吸器・アレルギー内科診療の指導的役割を担える次世代医師を一人でも多く育てたいと思っています。是非一緒に素晴らしい未来を歩んでいきましょう。
  私が研修医だった頃、救急外来には喘息発作の患者さんが毎晩点滴を受けにこられていました。今は吸入ステロイド薬を中心とした治療で、多くの患者さんが普通の生活を送ることができる様になり、私たちも夜中喘息発作で呼ばれることはなくなりました。生物学的製剤の登場で、重症喘息の患者さんも“喘息を忘れる様になった”と嬉しい限りです。挿管・人工呼吸管理しかなかった時代から、非侵襲的人工呼吸器・nasal high flowの登場で呼吸不全の管理も様変わりしました。この様な医療の進歩や診療を支えてくれるガイドラインの発刊(上図)は、ひとえに先達physician scientistsによるリサーチの賜・積み重ねです。一方でまだ臨床にはunmet needsが沢山残されています。これが解決されれば患者さんにはもっと長く元気でいてもらえるのに、医療者も余裕のある診療ができるのに、診察をしながらそんな思いが頭をよぎります。
  研究は大変というイメージがあるかもしれませんが、皆さんはセザンヌという画家をご存じでしょうか。セザンヌはプロヴァンスの片田舎で、伝統的な遠近法を使わず“視点をかえながら、あらゆる角度からリンゴを見つめる”ことで存在感のあるリンゴを描き上げパリの画壇を驚かせました。研究にも似た側面があると思います。既報を徹底的に調べた上で既報に縛られず、ベストな視点から病態をbreak downしもう一度考えてみると、見るべきものが浮き上がってくることがあります。見るべきものが見えた時の感慨もひとしおです。そしてその視点は、間違いなく日々の診療にも生きてきます。皆さんも長い人生の一時期をphysician scientistとしてunmet needsの解決に向けて一緒に歩んでみませんか。

呼吸器医療の進歩(のごく一部)と各疾患に対するガイドラインの発刊

略歴

略歴

昭和59年  3月  白陵高等学校卒業
平成  2年  3月  京都大学医学部卒業 

         6月  神戸市立中央市民病院勤務(救急部チーフ、呼吸器内科専攻)

平成  7年  4月  京都大学大学院医学研究科博士課程入学 (呼吸器感染症)

平成11年  3月  同卒業、医学博士号取得、4月京都大学呼吸器内科医員

平成14年  6月  京都大学呼吸器内科助手

平成17年  5月  シドニー大学薬理学講座(Judith Black教授)に留学

平成18年  9月  京都大学大学院医学研究科呼吸器内科学 助教

平成24年  5月  京都大学医学部附属病院呼吸器内科 院内講師

平成29年  5月  京都大学大学院医学研究科呼吸器内科学 講師

平成30年  6月  京都大学大学院医学研究科呼吸器内科学 准教授

令和  3年  4月  近畿大学医学部呼吸器・アレルギー内科学教室主任教授、現在に至る

賞: 

平成22年  第6回日本アレルギー学会学術大会賞

平成23年  第19回臨床喘息研究会最優秀賞

平成25年  第22回Pneumo Forum賞

平成27年  第112回医学生・研修医の“日本内科学会ことはじめ” 指導教官賞

平成30年度  日本呼吸器学会 熊谷賞

令和2年  Best Doctors in JapanTM 2020-2021

CONTACT

PAGE TOP